各種検査

検体検査(血液・尿・便・喀痰検査等)

血液検査では血液中の細胞(赤血球・白血球・血小板)や止血に関わる成分について検査し、貧血・感染症・白血病等の有無を調べます。尿の検査では腎臓・膀胱等の病気はもちろん、肝臓の病気・糖尿病等を見つけることが出来ます。

放射線検査(エックス線検査・CT検査)

CT(Computed Tomography)検査は物体を透過する性質を持つエックス線を利用して物体の断面画像を得る検査です。現在多くの施設で実用化されているマルチスライスCTは短時間で広範囲を撮影することができ、立体的な画像(3D画像)を容易にできるようになりました。

超音波検査(エコー)

超音波を発信し、その反射波(エコー)を利用して体内の臓器状態を画像化・解析する身体への負担が少ない検査です。腹部エコーは脂肪肝・胆石・肝臓がんの有無を、心臓エコーは弁膜症の有無を、頚部エコーは動脈硬化の有無を確認します。

Copyright © jiseikai shinsui clinic. All Rights Reserved.

^